今日は、爆買いブームが去った日本で、注目される越境eコマース(越境EC)に注目が集まっている。以下のような興味深い記事があった。

【11月11日「独身の日」中国越境EC結果発表!日本が堂々の1位に】

https://www.ecnomikata.com/ecnews/12157/

記事によると、昨年(2016年11月11日中国独身の日)に、「ユニクロ」が女性アパレル部門で売り上げ1位を記録。越境ECモール「天猫国際(Tモールグローバル)」の国別ランキングでは、日本が初めて1位になった、という。

越境EC売り上げ:1位日本、2位アメリカ、3位韓国、4位オーストラリア、5位ドイツ

中国経済については、色々なことが報道されているが、ことeコマースにおいては、極めて順調で次々と驚くべき記録を樹立している。また、日中関係についても同様に様々な問題を抱えつつ、成長は止まる所を知らないようだ。

【全体の約82%がモバイルから購入】

同記事によると、11月11日0時よりスタートしたアリババグループ主催のセールスは、24時間で流通総額は1,207億元(前年比約32%増)、過去最高記録を樹立し、モバイル端末経由の流通総額は約989億元で、全体の約82%を占めたとのこと。上記、日本円に直すのであれば、1,207億元と989億元に、それぞれ1元あたり16円をかけて約2兆円、1.5兆円と出る。

正直、単位が大きすぎてよく分からないといった所だろう。

【個人も日中越境ECの恩恵を受けたい】

とは言え、一般人もこの日中越境ECの恩恵を受けたいところ。世の中の多くの一般個人にとって、天猫やらアリババやら、ほにゃららで、訳が分からないというのが大半であると思われる。そのためにも、折を見て基礎的な用語や分類についても調べてみようと思います。

 

 

 

 

Share