中国で検索エンジンと言えば、百度(Baidu=バイドゥ)である。何しろ、あのgoogle先生が使えないとあって、圧倒的なシェアを誇っている。正直、自分の中国語力ではまだその全容を把握するには至ってはいないが、先日のニュースにある通り、中国のインターネット人口は拡大している上、中国のEコマースの市場規模もそれに伴い急成長しつつあり、このビジネスチャンスにあやかりたいという人は多いだろう。

 

※Baidu百度(バイドゥ、拼音: Bǎidù)について簡単に説明すると、中国のグーグルのようなもので、以下のように画面もそっくりである。百科事典、翻訳サービス等を提供している。

以下ニュースリリースから。

完全成果報酬型で中国百度SEO、中国動画サイトSEOサービスを開始

株式会社世界は完全成果報酬型で中国百度SEO、中国動画サイトSEOサービスを開始しました。

(中略)

当社では中国百度のSEOサービスを完全成果報酬型で提供致します。

■中国百度SEOサービス
・百度で10位以内を保証します。(10位以内にランクインした日のみ課金)
・契約期間:3ヶ月契約以上
・1キーワード1日当たり400円~(12,000円/月)

■中国動画サイト(youku.com)でのSEO
・中国動画サイトで1ページに表示させます。
・契約期間:3ヶ月契約以上
・1動画1日当たり400円~(12,000円/月)

以上引用終了

このニュースの何が凄いかというと、数億人にアクセス出来るチャンス、それも今までgoogleとは違ってあまり注目されていなかった検索エンジンで、BaiduのSEO完全成功報酬型のサービスを提供する点である。日本国内でEコマースをするだけでは、どの道じり貧だし、さりとて欧米含むその他の先進国の市場拡大の余地も左程あるようには思えない中、あの中国のEコマース市場にアクセスしたくても、適切なサービスを提供している会社はまだ少ないように見える。日本でgoogle検索してみると、BaiduのSEOを請け負う所もあるようだが、成功報酬型ではまだないようである。

何れにせよ、急拡大する中国市場にアクセス出来る手段を確保出来るというだけでも、売りたい商品、提供したいサービスを持っている企業や個人にとって、大変心強いことではないだろうか?

 

Share