本日は、彼女と映画を見に行こうということになり、「美女と野獣」は一番前の席しか取れないのと、時間が合わなかったので、「グレートウォール」を見に行くことに。

グレートウォール公式ページ

http://greatwall-movie.jp/

「美女と野獣、主演:エマ・ワトソン」に隠れてあまり人気がないので心配していたのだが、見てみるとこれが意外と面白い!元々マッド・デーモンが好きなこともあるのだが、映像には迫力があり、ストーリーも単純で後腐れが全くない。それと、リン・メイ隊長役のジン・ティエン(景甜 jǐng tián)がなかなか美人で、ファンになってしまった。

【以下 ジン・ティエンの写真と紹介】

出典:http://www.readhouse.net/articles/5592198/

出典: Nerd Caliber

<特集/中国芸能名門校のミス・キャンパス・9>サクランボ姫は在学生最高の美女―ジン・ティエン

出典:http://www.recordchina.co.jp/b33019-s0-c70.html

※レコードチャイナによると、中国芸能界の登龍門・北京電影学院の「在学生最高の美女」だったのだそうです。1989年7月21日、陝西省西安市生まれ。女優、歌手。身長167cm、体重44kg。スリーサイズは上からB83cm・W62cm・H88cm。

ジン・ティエンの紹介以上

【映画グレートウォールのストーリーの概略】

舞台は中国の宋王朝。黒色火薬を求めて宋に辿り着いた欧州の傭兵ウィリアムとトバールは、途中で馬賊に襲われ何とか逃げ延びる。その後、二人は正体不明の怪物に襲われ、ウィリアムが怪物の腕を切落として、またまた馬賊に襲われ逃げる途中で万里の長城=(映画の題名)に辿り着き、長城を守護する禁軍(皇帝直属の近衛兵)に捕まってしまう。その禁軍の軍師ワン(アンディ・ラウ)から、ウィリアムが腕を切落とした怪物は饕餮(とうてつ tāotiè)という、凶暴な化け物であることを説明される。その後襲撃してきた饕餮を迎え撃つ時、歴戦の勇士としての腕前を遺憾なく発揮、司令官のシャオ将軍と腹心のリン隊長に実力を認められる。(正確には同じ目的で中国にやってきて捕虜となっていた白人トバールがウィリアムとトバールの縄を解いてやることで戦うことが出来た。)

ウィリアムは禁軍と行動を共にしていた白人バラードに解放され、襲いかかる饕餮を倒して司令官のシャオ将軍と腹心のリン隊長に実力を認められる。

その後、シャオ将軍は饕餮の罠にかかり命を落とし、次の司令官にリン隊長(ジン・ティエン)を指名する。饕餮が磁石の力で封じられることを知ったウィリアムは効力を確かめるため、次の襲来の際に饕餮を捕獲することを提案。しかし、火薬を持ち出そうとするトバールは禁軍に肩入れするウィリアムと対立する。

饕餮の二度目の時、ウィリアムはリンと共に饕餮の捕獲を試みて成功、皇帝からの使者が皇帝へ献上するために一頭の饕餮を持ち帰るが、長城の壁に饕餮が空けた巨大な抜け穴が見つかり城内が大騒ぎとなり、その隙にトバールとバラードは火薬を持ち出して逃亡を試みる。二人を止めようとしたウィリアムはトバールとバラードにより気絶させられた所を、禁軍に(火薬を盗みだそうとしたと勘違いされて)捕縛される。裏切られた(と勘違いして)激怒したリンはウィリアムを処刑しようとするが、ウィリアムに命を救われた兵士が誤解を解いたため命は助けられる。リンは都に向かった饕餮を倒すため、巨大な天灯(気球)に乗り込み兵士を連れて都に向かう。釈放されたウィリアムはリンを助けるため、ワンと共に天灯に乗り後を追う。

後は、都を一斉に襲撃する饕餮を彼ら主人公(ウィリアム、リン、ワン)の活躍により(途中ワンや他の人間は死んでしまうが、ウィリアムとリンは何とか生き残って)饕餮の女王(親玉)を倒すことに成功すする。最後は、途中(ウィリアムを裏切って)捕まったバラード(トバールは途中で死んでしまう)も助け出してやり、西洋世界へと帰って行く。

(ストーリー概略以上)

どう見ても、映画自体はアクション映画にありきたりのストーリーなのだが、ジン・ティエンの美貌と、長城を舞台にした映像の美しさ(兵士の鎧のカラーがブルー・レッドと見事に区分けされていたりする)のと、迫力ある空中戦、中国ならではの大人数を投入して撮影された迫力のシーンに惹かれて、あっという間に過ぎ去っていく2時間であった。ジン・ティエンが(ボンドガールに近い立ち位置で)出演している以上、007みたいな濡れ場があるのかと思いきや、そのようなシーンがないので、却って映画の価値が上がったような気がする。

ちなみに、これはハリウッドと中国の合作で、台詞は英語と中国語。英語の方は聞き取れるけれど、中国語の方も早く聞き取れるようになりたいものである。

 

 

Share