中国の政治体制について触れた所で、米国のトランプ政権についても軽く触れておこうと思います。普段から、余程ニュースを念入りに読込んでいる人でない限り、マティス国防長官が、ティラーソン国務長官が、スティーブ・バノン氏が。。と言われてもあまりよく分からないと思いますし、トランプ政権の場合は親族を重職として登用しているのも、今までの政権との大きな違いです。取り急ぎ、キーマンの名前だけを覚えておきましょう。

出典:Daily Mail 2017/4/7 Trump at war: White House reveals president’s improvised situation room inside Mar-a-Lago minutes after Tomahawk missiles struck Syrian airfield

写真に写っている人物に番号が振られています。差し当たって、トランプ大統領以外の赤字で示した3人が外交と安全保障のキーマンのようです。(勿論、娘のイヴァンカ・トランプも常に影響を与えているはずです。)通商関係についてはまだよく分かりませんので、後日書きたいと思います。

1.ドナルド・トランプ大統領
2.ジャレッド・クシュナー(大統領アドバイザー)
3.ラインス・プリーバス大統領首席補佐官
4.ジョー・ヘイギン大統領次席補佐官
5.H・R・マクマスター国家安全保障担当補佐官
6.ディナ・パウエル国家安全保障次席補佐官
7.マイケル・アントン国家安全保障会議スポークスマン
8.レックス・ティラーソン国務長官
9.ウィルバー・ロス商務長官
10.スティーブン・ムニューシン財務長官
11.スティーブ・バノン主席戦略官
12.スティーブン・ミラー大統領上級アドバイザー
13.ゲイリー・コーン国家経済会議議長
14.ショーン・スパイサー(ホワイトハウス報道官)1.ドナルド・トランプ大統領
※  ジェームズ・マティス(国防長官:写真に写っていないがテレビ会議で参加)

◆元々トランプを支援していた反エスタブリッシュメント※譜代大名のような存在だが既存勢力の反撃を喰らい劣勢の模様。

スティーブ・バノン
スティーブン・ミラー
マイケル・アントン

◆旧来の共和党エスタブリッシュメント※トランプにとって外様大名だが強い権力基盤

ラインス・プリーバス
ディナ・パウエル
ショーン・スパイサー

◆ウォール街を基盤とした勢力 ※全員ゴールドマン出身で財界に強い

スティーブン・ムニューシン
ゲイリー・コーン
ディナ・パウエル

◆トランプ一族 ※親藩、御三家

イヴァンカ・トランプ
ジャレッド・クシュナー ※意外とキーマンである模様

クシュナー氏については以下の記事も参照

The Washington Post 2017/4/20: Henry Kissinger predicts ‘success’ for Jared Kushner

要は、あの有名なヘンリー・キッシンジャー氏(ニクソン大統領の下で米中国交回復のキーマンとしても活躍。対中関係と言えばこの人で、年齢90歳以上の長老ながら矍鑠(かくしゃく)としていて、トランプ政権における外交関係のキーマン)も太鼓判を押しているということで、もしかしたら、これから対中関係のキーマンとしても登場してくるかもしれませんね。

参考資料:ブルームバーグ2016/12/6 93歳のキッシンジャー氏、再び米中間の橋渡し-北京で中国要人と会談

産経新聞2017/4/28 中国外相がキッシンジャー氏と意見交換 良好な米中関係アピール

Share